So-net無料ブログ作成
検索選択

2階内観■完成した青い家■ [完成フォト]

banar青い家.png


本記事は平成29年6月10日より販売開始のモデルハウス分譲「おうちでカフェしよう 石田の青い家」の完成内観■2FL■を掲載致します。

写真はすべてクリックにて拡大(800x600)します。



おかげさまで完成の運びとなりました「石田の青い家」の2階はまず階段から。


<階段及び2階ホール>

 
 
stairs00.jpg

 
曲がり階段には切れ目の無い手摺もあり、また左手に明かり取りの窓もあります。
 
 
stairs01.jpg

 
こちらは2階に上がりきったところ。廊下、2箇所ホールは日中の照明が不要で済むよう明るい設計を心掛けました。
 


rouka01.jpg



突き当たりまで廊下を歩いて北側に振り返ってみました。明るい雰囲気を感じ取って頂けると思います。階段を上がりきると、まず目の前が主寝室(北側居室)となります。 
  
 
<主寝室(北側居室)>

  
 
MBR01.jpg



「石田の青い家」を意識してネイビーのアクセントカラーのある主寝室、広さは8帖です。
正面(西側)と右手(北側)の2箇所に腰窓を設けました。立地上、北と西が空き地ですので十分な明かり取りになっています。また窓はある程度高い位置にしました。ベッドや家具を設置しやすくする配慮です。
 
それでは違った方向からも一枚。 
 
 
MBR02.jpg



北西の角から振り返ってみました。こちらにも「家具をおくための壁」がたくさん出来るよう意識してプランニングをしました。正面右手に見えている2つのドア(折り戸)は収納です。 
 
 
MBR03.jpg

 
 
左手が半畳、中棚枕棚のある物入れです。そして奧にあるもうひとつの折り戸はウォークインクロゼット。 
 
 
MBR04.jpg



広さ2帖のウォークインクロゼットを設けました。ハンガーパイプや枕棚も設置しましたので、下部にホームセンターや通販で簡単なボックスを設置頂ければ十分な収納力を誇るものと思います。

総じて主寝室は「使い勝手」をとことん意識した設計としました。
 
 
つづいては廊下から入る空間を2つ、まずは2Fトイレです。 
 
 
  
<2Fトイレ>

  
 
WC01.jpg


詳細は「住宅設備編」でご案内します。右手にアクセントとなるクロスを貼り、プライベート空間らしく爽やかで可愛らしいトイレになりました。 
 
 
 
<納戸>

   
 
Nando01.jpg
 

2帖の納戸です。「石田の青い家」はキレイに住んで頂けるよう収納のことをたくさん考えています。またナンバホームさんとのコラボレーション分譲の常で、意味の無い空間に凝ったクロス(壁紙)を貼ることが多いです。今回も春らしい(?)住民だけがこっそり楽しめる内装です。
 
 
それでは2階の最後は南側にある子供室(南側居室)に移ります。
  
 
<子供室(南側居室)>

  
 
BR01.jpg

  
 
まず南側正面に向けて撮影しました。掃き出し窓が連なった明るい居室、奧に東西に長いバルコニーの手摺が見えています。
 
  
BR02.jpg



東の端から西に向けて撮影しました。正面に見えているブルーのアクセントクロスが鮮やかです。今回の「石田の青い家」では「最初は1室の広い空間であとで2室に分けられる子供室」を採用しました。 


BR03.jpg

 
 
こちらは反対に西から東に向けて撮影しました。東の壁は若草色のアクセントクロス、2室に分けた時には「ブルーの部屋」と「グリーンの部屋」の2間に分かれます。広さは約11.94帖、分けた時にはグリーンの部屋が5.44帖、ブルーの部屋が6.50帖となります。
  
 
BR04.jpg

 
 
それぞれに独立したドアと、クロゼットが」確保されています。ドアをメインで撮影しましたのでここでドアについてご案内します。2階の造作材については幅木、窓枠、ドアともにムク材ではなく「塩ビ化粧」のソフトアート仕様となっています。横向きに柾目が入るデザインがモダンでソフトアートの中でも私が大変気に入っているドアです。
 
 
BR05.jpg

 
それぞれのクロゼットにはハンガーパイプと枕棚を設置しました。またクロゼット内部の壁にはビニールクロスでは無く湿気を吸ってくれる調湿紙が貼られています。
 
それから子供室でも窓については気を遣ってデザインしました。 
 
 
BR07.jpg

 
東側の窓については遠方まで見通せる位置に引き違いの窓を設けました。朝にはこの窓から朝陽が遮られることなく降り注ぐものと思います。
   
  
BR06.jpg

 
西側の窓は水路を挟んだ隣地に住宅がありますので、プライバシーに配慮した型ガラスの滑り出しサッシにしました。窓を開けて頂いても隣家を視線が合いません。


それではこの記事の最後は子供室(南側居室)から出入りできるバルコニーです。
  
  
<バルコニー>

 
 
Bal01.jpg



南側一面に設けられたバルコニーは、幅が6.37m奥行きも1mを確保しました。屋根のあるバルコニーですので布団や洗濯物干しにも重宝することでしょう。また両サイドには壁が立ち上げてありますので隣家の視線も気にならないものと思います。


それでは次回「完成外観と外構造園」を掲載致します。


※写真はすべてクリックにて拡大(800x600)します。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0